glaf blog

ほぼ日手帳

b0056790_2375375.jpg


昨年まではA5サイズのシステム手帳を使っていましたが、
今年から「ほぼ日手帳」を使っています。
文庫本サイズで1日1ページの手帳です。
一般的なスケジュール、勉強時間、目標などの他に、
アイデア、良かった出来事、仕入れたデータ、
ちょっとしたメモや、本やTVの感想、スケッチなどを書き込んでいます。
振り返って改めて見ると、1年の出来事が記録されています。
また、新たな発想やアイデアの素として重宝する手帳と成長しました。

「ほぼ日手帳」
http://www.1101.com/store/techo/


今日は1日朝から日が暮れるまで、図書館で勉強していました。
勉強の合間に読んだ図書館の雑誌に書いていた、
テリー伊藤のコラムの要点を、この「ほぼ日手帳」の今日のページに書き込みました。
その内容は、
--------------------------------------------------------------------------------------
矢沢永吉
 武道館公演回数記録、ヒットチャート歴代1位などの記録以上に記憶に残る数値は、
 小室哲哉は5億円の詐欺をして逮捕されたのに対して、
 矢沢永吉は35億円の詐欺にあって負債を抱えても全額返済した。
 そのスケールの違いが矢沢永吉。
 ロックンロールのイメージで破天荒な印象があるが、
 会って話をすると、誠実で礼儀正しく、相手を気遣う気持ちの旺盛な人間。
 世界中のスタジオで、一流のミュージシャンとセッションしても気づいたこと。
 そんなのは聞く人は望んでいない。
 答えはもっと「シンプル」だということ。
 最高の音をつくっても、ラジカセで聞いて見たり、車で聞いたり
 つまり、追及を極限までやってみて「シンプル」に辿りついたということ。
--------------------------------------------------------------------------------------
「こだわり」はもっても、
「独りよがり」にはならない。
 そんなことを学びました。
[PR]
by kanekuro | 2009-11-05 23:30 | プライベート