glaf blog

<   2006年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

夏のリビング

b0056790_7435565.jpg



2段降りたところに配置されたスキップフロアのリビング。
子供がその階段にちょこっと腰掛けたり。
下がられた分、天井高が高く感じます。
麻のカーペットを敷き詰めた素足の感触が心地よく、
夏に合うリビングの仕上がりになっています。

体調は回復したのですが、やりたい仕事がどっさり。。
なかなか写真が撮れず、過去の在庫写真からでした(汗)

撮影 : OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
[PR]
by kanekuro | 2006-07-31 07:50 | インテリア

夏の木漏れ日

b0056790_5454914.jpg



b0056790_5462012.jpg



私の住む香川では梅雨があけ、本格的な夏がきました。
最近買った車を大きな木の下にちょっと駐車した時のショットです。
山が夏の香りを出し、眩しい日差しに目を細めるみたいな光景に、
ソフトレンズは上手く演出してくれます。

以前、「NEW CAR!」で新しく買った車の内装をチラッと掲載しましたが、
遅ればせながらの外観写真となりました(汗)
WillVi(ウィルビィ)という車に乗っています。1万4千kmくらい走った中古車を購入したのです。
車選びの理由はデザイン重視かも。エンジンはヴィッツと同じエンジンで低燃費です。
コンセプトを読んでいると20代女性をイメージターゲットにした車なので、
40歳・男性が乗るのは違和感があるかも。ラパンよりはましだったかな。。
斜め後ろからのフォルムが特に好きです♪

撮影 : OLYMPUS E-1 + PENTAX FAソフト28mmF2.8
[PR]
by kanekuro | 2006-07-29 06:16 | デザイン

寝椅子で寝ながら

b0056790_784415.jpg



b0056790_791770.jpg



体温を測ると38.8度あった時、薬が早く効いて熱が下がらないかと思いながら、
自宅の仕事場で寝椅子で寝ながら撮影した写真です(汗)
寝椅子といってもキャンプで使っているColeman(コールマン)のイージーリフトチェアを
仕事場に持ちだして休憩の際座っているだけなのですが。
b0056790_7544787.jpg

体重を背中にかけると背もたれがグッと倒れ、フットレストが上がりロックされます。
また、起きる体制に入ると背もたれが置き、フットレストが下がる優れものです。

でも、
本当はニューヨーク近代美術館永久コレクションとしても評価されている、
徳島在住のイスデザイナー・新居 猛のニーチェアX + オットマンが欲しいのです!
b0056790_755599.jpg

シンプルモダンな仕事場の空間にキャンプ用のイスは美しくありません。。
ニーチェアXもキャンプ用に見えなくも無いですが、生地や木部の選択ができ、
生地はナチュラル・レンガ(赤)に木部はセピター(こげ茶)のものが合いそう。
この配色の組み合わせは「婦人画報」で見た時から渋いと思っていました。
「婦人画報」は時々建築の特集もあって、参考になることが多い雑誌です。
若い人の心をつかむのにニルバーナを聞いたり、
いろんな女性雑誌を読むのはプレゼンや提案に深みがでるのではないかと思います。

さて、今日の写真の一枚目は寝椅子に寝そべった際に見える景色や空と、
打ち合わせテーブルの照明を補助したり、寝椅子での読書用のスタンドの照明器具です。
小物の撮影の際にフラッシュを補助して角度をつけて光を当てたりする時にも使っています。
2枚目は本棚を照らすのに数台採用したダウンライトで、
照明器具本体にアクリルのウチワのようなものがついてて、
光の角度を変えれるようになっています。

さすがに病院の薬は良く効きあまり熱はおさまってきていますが、
ノドが腫れてて話しにくい状態です。
人に気持ちを伝えるのが仕事なので、結構つらいかも。。
それにしても久しぶりに病院に行くと医療負担が3割になってますね。
民間であれば倒産の状態の国家や地方自治体の体制ですから、
これからもどんどん上がるのかな。
政治家の方々を見ていても官僚や公務員の方などを言って聞かせるのは、
難しい体質なのでしょうね。
次年度も予算を獲得するために、今年の予算を使い切るって考え方は、
民間ではありえません。
シンプルに無駄を省いて、財源になるモノに予算管理を厳しく投資をするだけなのですが。。

撮影 : OLYMPUS E-1 + PENTAX FAソフト28mmF2.8
[PR]
by kanekuro | 2006-07-28 07:50 | インテリア

フウセンカズラ(風船蔓)

b0056790_5382832.jpg



b0056790_4531671.jpg



例年、我が家の夏は居間の南側にネットをして、
日除けで涼をとる役目と植物の鑑賞を楽しむプチ壁面緑化になります。
昨年はこの場所はアジサイでした。
今年はフウセンカズラで楽しんでいます。
ちょうどこの季節、実が風船のように膨らんで楽しい居間になりました。

優しい写真に仕上げてみたかったので、
PENTAX FAソフト28mmF2.8をE-1に装着して撮影してみました。
使ってみた感想は28mmながら結構寄れるということです。
28mmレンズをフォーサーズで使用すると56mmとなり標準レンズに近くなりますが、
案外マクロっぽい撮影まで可能です。
ただ絞りを開放するとピントが判らないので、
絞りを絞ってピントを合わせてから、好みのボケかたまで開放する撮影方法になります。

撮影 : OLYMPUS E-1 + PENTAX FAソフト28mmF2.8
[PR]
by kanekuro | 2006-07-27 05:43 | フラワー&グリーン

間接照明中心のホームシアターなリビング

b0056790_9262954.jpg



ホームシアターをプラズマTVや液晶TVで楽しむリビングです。
プロジェクターでホームシアターにするにはもう少し暗い必要があると思いますが、
プラズマTVや液晶TVだと適度な照明があったほうが安全で暮らしやすいかと。
特に間接照明が中心だと映画を楽しみやすいと思います。

さすがに昨日は熱にうなされて仕事になりませんでした。
薬が効いて体調が良くなると、
布団の中から「KILL BILL Vol.1」「KILL BILL Vol.2」のDVDを見ました。
特にVol.1が鮮明な映像の展開で迫力があります。
DVDの付録の撮影風景の映像や、絵コンテを見ていると
クエンティン・タランティーノ監督の撮りたい映像やコンセプトがはっきりしてて、
それを上手く映像化している素晴らしさを感じました。
私のような建築の仕事でも、頭の中でイメージして現実化させますが、
映画監督のイマジネーションの豊かさや色彩感覚、表現したいコンセプトは勉強になります。

写真も出来映えをイメージして撮影するようにしていますが、
イメージを膨らませているうちに、絞りや測光や露出を考えていると難しくなってしまいます。
「イメージに近いもの」までいけるかどうか。。
仮にイメージ通りだとしたら、あとはセンスや人生経験か。。

映画を見た後、更に熱にうなされて夜間病院に行ったのでした。。

撮影 : OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
[PR]
by kanekuro | 2006-07-26 09:43 | インテリア

ユラユラ ユメミゴコチ

b0056790_7143648.jpg



b0056790_715399.jpg



この頃、どっと疲れが溜まっています。
春から休日も無くAM5:30~PM23:00頃まで働いています。
特に自宅に仕事場を設けてからは、
時間を気にせずずっと図面を書いたり、プレゼンを作ったり、提案資料をまとめたり。
合間の息抜きでblogの更新をしていますが、
体調がいまいちよろしくない日々を過ごしています。
プレッシャーなのか夜も眠りが浅く、起きてしまいます。
「あれやっとかなきゃ・・・」みたいな朝の目覚め。

blogにアツプするために撮った写真を眺めていたら、
ソフトレンズで撮影した海の写真が今の自分に近いかもって思いアップしました。
ぼんやり脱力系の写真を2枚。
わが街をおぼろげな記憶のように離れた海から眺めている写真と、
沈む夕日がキラキラ輝きながらも記憶が無くなっていく瞬間みたいな写真にと
イメージして撮影したのですが、なかなか思いを表現するのは難しいですね。。

昨日、暑中お見舞いを出そうと思いインクジェット用ハガキを買いに家電量販店に行くと、
知らぬ間にデジタル一眼レフと交換レンズが揃っているではないか!
カメラのキ○○ラより沢山種類と数がある!
C社、N社を先頭にO社、PE社。更に発売したてのS社とPA社までも。。
私のような地方では今まで店頭で見ることが無かった
私の愛用するO社のカメラの最新のものが2機種も。
カタログも揃っていて、ドサッと持って帰ってしまった。
買ったハガキは500円程度なのですが。。
もっと申し訳ないのが新しいカメラを買うつもりが無いのですが(汗)
デジタルカメラの加速する進化の中で、
もうすぐ発売から3年経とうとするE-1で満足しています。
後継機種が出るのであれば、フイルム一眼レフくらいの大きさのファインダーをお願いします。
それだけでいいのですが、無理なのかな。。

撮影 : OLYMPUS E-1 + smc PENTAX-FA Soft 28mm F2.8
[PR]
by kanekuro | 2006-07-25 07:52 | ネイチャー

♭5

b0056790_5424485.jpg



以前ご紹介したパリスマッチのCDの別のモノをレンタルで借りました。
私の街では大きなCD屋さんでもこのCDを売っていないのですが、
ふとレンタル店に置いていたのを発見しました。
「♭(フラット)5」 paris match
前作の「QUATTRO」のラテンな流れを感じますが、
よりポップでキャッチーなフレーズを使っています。
しっとりした曲調もあり、ドライブやティタイムにピッタリのアルバムです♪

モノを撮影する時は、
写真を撮る時間よりも、モノの見せ方やライティングを考える時間の方が長いです。
いろいろ配置してみたり小物を替えてみたり。
インテリア写真の面白さなのかもしれませんが。

ところでこのCDジャケットは地形や道路や建物の模型写真を写したもので、
判りにくいと思いますが、
丘の上にパリスマッチのイニシャル「PM」の文字の形をした建物が建っています。
そして、そのジャケットと取り出しめくってみると、
そのPMの文字の形をした建物の間取りが載っています!
大きな吹き抜けのあるラウンジがある、リゾートホテルのような間取り。
更にページをめくると建築模型の様々な写真。
建築の仕事をしている私は、ジャケットも刺激されます!
b0056790_6124639.jpg



b0056790_6131448.jpg



撮影 : OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
[PR]
by kanekuro | 2006-07-24 06:13 | デザイン

La Marie(ラ・マリー)

b0056790_6351862.jpg



自邸の仕事部屋の打ち合わせテーブルのイスに採用したのが、
フィリップ・スタルク(Philippe Starck, 1949年1月18日 - フランス)デザインの
La Marie(ラ・マリー)というチェアで4脚購入しました。
ポリカーボネートでできた美しい透明感のチェアです。
肘掛付きのLouis Ghost(ルイ・ゴースト)の方がよく見かけますし、
仕事場での打ち合わせのイスに使っていますが、
自宅にはすっきりしたデザインのこのLa Marie(ラ・マリー)を選択しました。

フィリップ・スタルクは建築・家具・雑貨・食器・時計などの幅広くこなすデザイナーです。
パリ・カモンド美術工芸学校を卒業。
18歳にして自らの事務所を設立。
20-25歳の間はピエール・カルダン事務所でアートディレクター。
エリゼ宮のミッテラン大統領執務室を設計したことで広く認められ、
カフェ・コスト(パリ)のデザインで名声を不動に。

自邸の仕事部屋の床はタイルですが、温水式の床暖房を採用しているので、
チェアの足元にはフェルトを張ろうと思っています。
このチェアはスタッキング(重ね合わせる)ことができるので、
カフェなどでも採用されることが多く、強度は十分あり、室内だけでなく屋外でも利用できます。
ちなみにこの写真のテーブルは天板に強化ガラスを載せたオリジナルです。

クリアな写真にしたかったので、E-1に合わせるレンズにPlanar T*50mmF1.4を選択しました。
E-1だと100mmになってしまい望遠気味になってしまうのですが、
ポートレートにも面白い組み合わせではないかと思います。
今度試してみよっと。。
でもフイルムで撮った方が、このレンズをもっと活かせるのかな?
CONTAX 167MTとPlanar T*50mmF1.4で撮った写真は、
独特の深みとクリア感があります。

撮影 : OLYMPUS E-1 + Planar T*50mmF1.4
[PR]
by kanekuro | 2006-07-22 07:09 | インテリア

double kitchen

b0056790_5524052.jpg



窓際に配置されたI型キッチンと、中央に配置されたアイランドキッチン。
シンクは2つ、コンロはガスコンロとIHクッキングヒーターの2つ。
キッチンの要素がダブルで調理スピードを加速させます。

私の妻は料理が得意分野で、
美味しいものを外食した後はレプリカにチャレンジするような人です。
料理の上手い人を眺めていると、
手際が良い、複数の作業をこなしている。
なにせスピードが速いのです。
いつも品数の多い食卓に感謝しています。

料理を楽しんでいる方にダブル・キッチンはいかがでしょうか?

撮影 : OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
[PR]
by kanekuro | 2006-07-21 06:03 | インテリア

SHIZUKU

b0056790_6494827.jpg



b0056790_6501199.jpg



b0056790_6503569.jpg



雨の少ない香川でも激しくは無いものの雨が降りました。
雨の休日を過ごしていると、つい我が家の庭木を撮影したくなりました。
防滴仕様のE-1ですが、ボディは防滴でもレンズはツァイスを選択したので、
傘を差しながらの撮影してみたのですが、どうやら上手く撮影できず、
雨が途切れるのを待って、途切れた合間にササッと撮影しました。
なにせツァイスだとマニュアル撮影だし、レフ板は片手に持っているしで、
更に傘をさすのは無理かも(汗)
一枚目の写真はどこか花が「やぁ!」って呼びかけているように見えませんか?
b0056790_721234.jpg



休日は花火を楽しんでいるのですが、雨の日は軒先で線香花火だけ。
晴れている日は、このベンチで子供が座って打ち上げ花火や噴出し花火を楽しむのですが、
今日は雨でお休み。

撮影 : OLYMPUS E-1 + Vario-Sonnar T*28-70mmF3.5-4.5
[PR]
by kanekuro | 2006-07-20 07:08 | フラワー&グリーン