glaf blog

<   2005年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

LDK

b0056790_7245464.jpg



L型にリビング・ダイニング・キッチンを配置した間取り。
午後の日差しがさす写真です。

撮影 : OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mmF2.8-3.5

今月はほとんど在庫の写真で何とか毎日アップしてきましたが、
そろそろネタ切れになりそう。。
ゆっくり写真を撮る時間が欲しいな。。
[PR]
by kanekuro | 2005-03-31 07:30 | インテリア

ロールスクリーン・ダブルタイプ

b0056790_701568.jpg



窓周りの演出をトータルに考える考え方をウィンドートリートメントと呼んでいます。
今日も窓周りのお話を。
この写真の窓についているのは、ロールスクリーンのダブルタイプと呼ばれるもので、
カーテンの役目のものと、レースの役目のものを、チェーンひとつで操作するものです。
写真のように途中でとめた位置で利用することもできます。
昨日のプレーンシェードと同様にたくし上げたり、巻き取ったりする機構を「メカ」と呼んでいて、
商品を「メカ物」と呼んでいます。
メカニズムの略なのでしょうが、「メカ物」という言葉の響きは。。^ ^;

撮影 : OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mmF2.8-3.5
[PR]
by kanekuro | 2005-03-30 07:17 | インテリア

プレーンシェードと間接照明

b0056790_6512580.jpg



プレーンシェードは自然な形で生地を平行にたたみあげていく上下開閉タイプです。
その上部に間接照明を組み合わせてみました。
私がインテリアコーディネーターの試験を受けた時の2次試験の一部ですが、
このプレーンシェードのラフスケッチと特徴を書く問題が出ました。
結構盛り沢山の問題量だったので、最後の方で手早く書いた思い出があります。

撮影 : OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mmF2.8-3.5
[PR]
by kanekuro | 2005-03-29 07:02 | インテリア

ブラック&ホワイト

b0056790_7472887.jpg


コントラストをはっきりつけた色彩。
近年のシンプル・モダンの流れといえます。

撮影 : OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mmF2.8-3.5
[PR]
by kanekuro | 2005-03-28 07:40 | インテリア

パインフロア

b0056790_729068.jpg



我が家のホールのフロアを、このパインの無垢フロアにリフォームしました。
一枚一枚実(さね)になってて施工するものです。
プレゼンテーションする時の写真として、こういったテクスチャーの写真も撮っていこうかな。

撮影 : OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mmF2.8-3.5

今年は花粉症の症状がひどくつらい日々です。
目は見えにくく、鼻はジュルジュル、思考能力も低下している日々です。。
[PR]
by kanekuro | 2005-03-27 07:36 | インテリア

玄関式台

b0056790_7474757.jpg



玄関の框(かまち)の高さを解消するために、
一段階段状に段を設けることを式台と呼んでいます。
その式台の施工例なのですが、
框をR型にとり、中心部を広げたデザインにしています。

撮影 : OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mmF2.8-3.5

携帯電話とパソコンをリンクしてデータを相互に移動させれるソフトを買って、
アウトルックのスケジュールを、携帯電話のスケジュールに移してみました。
紙の手帳と違って、大切なスケジュールの前にアラームを鳴らすことができるのが便利。
大抵の方が紙の手帳にスケジュールを書いてるように思いますが、
パソコンと携帯電話を使ってスケジュール管理をしている人はいるのでしょうか?
携帯電話はいつも持っていて、ITツールとして有効な手法かもしれません。
だいぶん前はザウルスのようなPDAを使ってスケジュール管理していましたが、
その後、A5サイズの大きなシステム手帳を使っています。
紙の手帳の全体を一覧できる良さはあるのですが、
その後、仕事をこなす量が増えてからは、
一覧するよりどんどんスケジュールをこなしていったり、
タスクを管理するのはデジタルの方が漏れがなく、
期限の管理ができるような気がしています。
また、顧客管理もA5の手帳で行っていますが、
件数が増えてくるとデジタルにしたほうが便利そうに思えてきました。
例の堀江貴文氏の本を読んでみて、
また最近のITが仕事の効率をどこまで上げれるか調べてみようと思っています。
アナログな感覚は大切だとは思いますが。。
[PR]
by kanekuro | 2005-03-26 08:18 | インテリア

トイレ

b0056790_7143644.jpg

昨日は私の勤めている会社の奈良研究所へ研修に行ってきました。
トイレの中で健康を測定する試みの研修で、
トイレの中で尿糖値、体脂肪、体重、血圧を測定しデータ保存したものを
パソコンに転送し、健康状態の推移を確認するものでした。
簡単に5人分までデータを記録できます。
生活習慣病(成人病)に注意するための補助機器といえます。
セールス的にはどう評価されるのでしょうか?
ちなみにこの写真は普通のトイレです^ ^;

撮影 : OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mmF2.8-3.5

移動の電車の中で堀江貴文氏の本を手書きでマインドマップを書きながら読んでました。
彼の書籍を読むのは3冊目です。
なにかと話題の人ですが、普段の仕事の考え方が参考になるところも多いと感じました。
商売の原則、「人、物、金、時間」について考えが徹底しています。
例えば、私の会社でも無駄な会議だと感じることがありますが、
効率的に結果を短時間で終結させるヒントがありました。
徹底して取り組む姿勢を感じます。
批判される面も多い人ですが、考え方のひとつとしては参考になりました。
多分あともう一冊、メールを仕事に活用する仕事術の本も読んでみようと思っています。
[PR]
by kanekuro | 2005-03-25 07:45 | インテリア

階段

b0056790_753546.jpg



階段の手すり壁に型板アクリル板を使用しています。
光を採りたくて、衝撃を与えても安全性が必要な場所に
アクリルやポリカーボネートをよく使うようになりました。
浴室の扉や折れ戸では採用されるケースが一番多くなってきてます。
また、この写真の構造体の梁のしたにも照明器具を配置して、
そのカバーの素材もアクリルを利用しています。

撮影 : OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mmF2.8-3.5

先日取り上げたマインドマップの考えをパソコンで描くソフト「MindManager」を使って、
読書しながらマインドマップを書いてみました。
本はかなり読まますが、読んでもその知識を頭の中に残留させることが難しいです。
でもマインドマップを書くことによって、あとで要点を抑えた言葉を見るだけで、
本の内容を思い出すことができます。便利!
マインドマップをいろんなシーンで利用したいな♪
b0056790_7303976.jpg
[PR]
by kanekuro | 2005-03-24 07:31 | インテリア

丹下健三氏、訃報

建築家・丹下健三(たんげ・けんぞう)氏(91歳)が、
22日午前2時8分、心不全のため東京都港区内の自宅でお亡くなりになりました。
都市計画を専門とし、機能性と美の融合を図る近代建築を推進。

1913年、大阪府に生まれ、中学までを愛媛県今治市ですごす。
私の所有している書籍「建築家という生き方」(日経アートテクチュア)では
愛媛県生まれとなっていましたが、今回の報道で大阪府生まれと報道されていました。
1938年、東京大学建築科卒業。
ル・コルビュジエに傾倒し、その教え子である前川國男の建築事務所に入る。
1942年、東京大学大学院入学。
卒業後、1946年74年まで東大で教鞭をとり、「丹下研究室」をつくる。
大谷幸夫、浅田孝、沖種郎、槇文彦、神谷宏治、磯崎新、黒川紀章、谷口吉生ら
多くの優れた人材が、そこに集まっては巣立っていった。
日本建築学会大賞、文化勲章、フランス芸術文化勲章、イタリア共和国有功勲章など受賞。

主な建築では、
2001 統一グループ台北本社ビル  台湾 台北
2000 東京ドームホテル  東京都文京区
1996 フジテレビ本社ビル  東京都港区
1995 UOBプラザ シンガポール
1995 ナポリ市新都心計画 イタリア ナポリ
1991 東京都新都庁舎 東京都新宿区
1991 パリ・イタリア広場(グラン・エクラン)  フランス パリ
1989 オラン総合大学  アルジェリア オラン
1988 アラビアンガルフ大学  バーレーン マナマ
1986 OUBセンタービル  シンガポール
1986 ヤルムーク大学  ヨルダン ヤルムーク
1982 赤坂プリンスホテル  東京都千代田区
1982 サウジアラビア国家宮殿  サウジアラビア ジェッダ
1977 草月会館  東京都港区
1974 ミネアポリスアートコンプレックス アメリカ ミネアポリス
1970 日本万国博覧会マスタープラン 大阪府大阪市
1970 在日クウェート大使館  東京都港区
1967 山梨文化会館  山梨県甲府市
1967 静岡新聞・静岡放送東京支社 東京都中央区
1966 スコピエ都心部再建計画  ユーゴスラビア スコピエ
1964 東京カテドラル 聖マリア大聖堂 東京都文京区
1964 築地再開発計画  東京都中央区
1964 国立屋内総合競技場(代々木体育館) 東京都渋谷区
1962 日南文化センター 宮崎県日南市
1960 東京計画1960 東京都
1958 香川県庁舎 香川県高松市
1955 図書印刷原町工場  静岡県沼津市
1953 広島子供の家 広島県広島市
1953 住居 東京都世田谷区
1950 広島平和公園  広島県広島市

私の住む香川県では代表作のひとつの香川県庁舎が建っています。
はじめてセンターコアを採用した庁舎建築で、このあといろんな庁舎建築が追従そました。
鉄筋コンクリートで細さや軽やかさを追求した初期の代表的な作品です。
その後、2000年に丹下建築で香川県庁舎本館(新庁舎)も建てられましたが、
新庁舎の本館は、柱梁の太さを旧庁舎の太さと同じ1mに揃えて統一感をだし、
構造を造形と表現するこだわりを感じます。
また香川には香川県立体育館もあり、
国立屋内総合競技場の代々木オリンピックプールと同様にダイナミックな造形の作品です。

近年の代表作ではお台場のフジテレビ本社やツインの形をした高層建築の東京都庁が有名ですが、
日本の高度経済成長を建築の分野から支えてこられました。
東京オリンピックのマスタープランや、大阪万博を岡本太郎と同様にリードしてきたように
ご自身の言葉に、
「何もなかった日本が豊かな国に成長するという激しい時代に、よくめぐり合ったものだという気持はあります。・・・」
と語られてらっしゃります。
そのオリンピックや万博での評価からアメリカ・中近東・東南アジア・ヨーロッパと作品を残され、
「世界の丹下」と評され生涯現役を目指した巨匠です。
以前、このブログの記事で取り上げた香川県立体育館の画像を参考までに再投稿しました。
今振り返って写真を見ますと約50年前に建てられた建物ですがモダンでダイナミックなデザインです。
b0056790_5385492.jpg



ご冥福を謹んでお祈り申し上げます。
[PR]
by kanekuro | 2005-03-23 05:39 | 有名建築

フルーツ・バスケット

b0056790_6564753.jpg

食卓に果物はいかがでしょうか?
そういえば果物を食べるような時間の余裕が最近ありません。。

撮影 : OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
[PR]
by kanekuro | 2005-03-22 07:01 | インテリア