glaf blog

カテゴリ:ネイチャー( 70 )

エンジェルロード ~天使の散歩道~ #7

b0056790_715430.jpg


b0056790_721587.jpg


b0056790_724372.jpg


b0056790_73668.jpg


エンジェルロードの夕景の写真です。
想像以上に写真のスポット満載の場所で、
いろんな写真の切り取り方が楽しめるエリアでした。

仕事が予定より早く終わったので、
最初は体力的に疲れを感じていたこともあり、
瀬戸内海が見渡せる温泉「オリーブ温泉」に行こう
と思っていたのですが、
その近くの「エンジェルロード」に来ちゃいました。

温泉には行かなかったですが、
体のかわりに心が癒されました。。




ずいぶんエンジェルロードの写真でひっぱりました(汗)
全然写真撮ってないんです。
人生に余裕なし(汗)
ブログ更新が少し危うくなっていますが、
なんとか一日一枚形式でも、
あと数日はしのげそうです。。

1枚目、2枚目
Panasonic LUMIX G 20mm F1.7
+ OLYMPUS PEN E-P3

3枚目、4枚目
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6
+ Panasonic LUMIX GX7
[PR]
by kanekuro | 2014-03-28 07:13 | ネイチャー

エンジェルロード ~天使の散歩道~ #6

b0056790_7144091.jpg


中余島の裏にある「幸せのくぐり穴」と言われています。
その前で眠っている女性を発見!
満潮になる前には目覚めてね。



b0056790_7204411.jpg

砂に書いた文字は満潮で海の中に消えていくんでしょうね。




様々な想いのエンジェルロードでした。



Panasonic LUMIX G 20mm F1.7
[PR]
by kanekuro | 2014-03-27 07:24 | ネイチャー

エンジェルロード ~天使の散歩道~ #5

b0056790_2312933.jpg


b0056790_23122620.jpg


b0056790_23125597.jpg

潮が引いて現れる砂の道「エンジェルロード」を
大切な人と手をつないで渡ると、
天使が舞い降り願いがかなうと言われています。



そう言えば、
女子と手をつないで歩いたという記憶がありません。
サッササッサと先に歩くタイプかも。
人混みの中を女子と歩くとしても、
女子と手をつないで歩いたって記憶がありません。
照れくさいからかも。

バブルの頃に青春を過ごした、
少し前の昭和の男ですから。

女子と手をつないだ記憶と言えば、
フォークダンスかな。
フォークダンス苦手でした。
好きな女子と手をつないだら心臓ドキドキ。
顔では平静をよそおっていましたが。




1枚目、2枚目
Panasonic LUMIX G 20mm F1.7
+ OLYMPUS PEN E-P3

3枚目
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6
+ Panasonic LUMIX GX7
[PR]
by kanekuro | 2014-03-26 03:21 | ネイチャー

エンジェルロード ~天使の散歩道~ #4

b0056790_231223.jpg


b0056790_2314820.jpg


b0056790_232996.jpg


この日は19時頃が干潮で、訪れたのが17時頃でした。
2時間近く干潮まであるにで渡れないのかと思ってたら、
予想に反して大きく砂道が現れていました。

春は海藻のアオサで緑色に染まっていました。
この海の様子も春の光景だそうです。

海にも春の光景が楽しめました。


1枚目、2枚目
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6
+ Panasonic LUMIX GX7

3枚目
Panasonic LUMIX G 20mm F1.7
+ OLYMPUS PEN E-P3
[PR]
by kanekuro | 2014-03-25 06:40 | ネイチャー

エンジェルロード ~天使の散歩道~ #3

b0056790_73685.jpg


b0056790_732384.jpg


人それぞれの思いと、
青春の素晴らしさにキュンとなります。


風景を見る感性、
映像を見る感性、
音楽を聴く感性、
本を読む感性、
美味しくいただく感性、
人とのつながりの感性。
いつまでも多感でありたいと思いました。


Panasonic LUMIX G 20mm F1.7
[PR]
by kanekuro | 2014-03-23 07:09 | ネイチャー

エンジェルロード ~天使の散歩道~ #2

b0056790_4575698.jpg

b0056790_4584737.jpg


潮の満ち引きで消えたり現れたりする砂の道は、
『エンジェルロード』と言われています。
潮の干満により道があらわれたり海に消えたりする現象を
トンボロ現象というそうです。
小豆島の前島から沖に浮かぶ中余島を経て大余島(総称・余島)へと
続く約500mの細長い砂州の道です。

干潮の時に島に渡って行けますが、
時間を忘れて景色を楽しんでいるうちに、
潮が満ちてきて帰れなくなった人っているのかな。。

エンジェルロード潮見表はコチラに。



超広角レンズとGX7のパノラマ機能を使った連続写真を
カメラ内でつなぎ合わせたパノラマ写真です。

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6
[PR]
by kanekuro | 2014-03-22 05:01 | ネイチャー

エンジェルロード ~天使の散歩道~ #1

b0056790_57387.jpg


b0056790_574282.jpg


香川県の小豆島にあるエンジェルロードを見渡せる
海に囲まれた小高い丘『約束の丘展望台』
恋人たちの人気スポットです。

全国にある恋人の聖地(こいびとのせいち)のひとつで
特定非営利活動法人地域活性化支援センターが主催する
「恋人の聖地プロジェクト」により選定されたデートスポットです。

大切な人と一緒にいたいロマンチックな場所でした。




休日ながら仕事で小豆島で仕事をしてたら、
予想のほか早く終わったので立ち寄って見ました。

夕暮れが始まる少し前のゆっくりした時間を
丘の上で風に吹かれていました。
一人でしたが(笑)


Panasonic LUMIX G 20mm F1.7
[PR]
by kanekuro | 2014-03-21 05:23 | ネイチャー

埠頭を渡る風 #2


b0056790_03051979.jpg

b0056790_03055225.jpg


b0056790_03073014.jpg
b0056790_03091756.jpg
松任谷由実「埠頭を渡る風」の歌詞から、
「埠頭を渡る風を見たのはいつか二人がただの友達だった日ね」
ということは二人の関係は一線を超えた男女の関係ですよね。
全体の歌詞からすると、
いい夫婦関係の出来事に感じれたり、
寄りを戻そうとしている男性への女性の対応にも感じれたり、
不倫関係の男女のいっときにも感じられたりと、
いろんな男女間にも当てはまりそうです。
深い歌詞です。。

私もカップルで埠頭に車を停め風を見ていた経験があります。





レンズベビーのプラスティックレンズに交換すると、
ピントが合ってないところの色がにじむ感じが
チープなユルさとして強調されます。
面白い!

今日、交換レンズのピンホールも少し試しましたが、
ピンホールの似合うシーンを探して写真を撮ってみたいです。


[PR]
by kanekuro | 2014-03-12 03:43 | ネイチャー

埠頭を渡る風 #1

b0056790_0113181.jpg


b0056790_01327.jpg


b0056790_016121.jpg


香川県坂出市の埠頭を渡る風を感じてきました。
春の一歩手前の肌寒い風。

埠頭を風が渡る時、
一瞬身体がよろめく時の風景が歪んで見えたみたいな
その時感じた印象を写真に。
異性と一緒だったら寄り添いそうな海風を浴びて。

そんな状況で打ち合わせ前の少しの待ち時間に
一人で撮影していました。




レンズベビーの交換レンズの納品が遅れて、
今日やっと届き試しに撮ってみました。
注文していたのは、
レンズベビー オプティックキットで、
その中の一番気になっていたプラスティックレンズを試し撮りました。
メーカーがロモやホルガなどのトイカメラを研究して作ったレンズで
そのチープなユルさを表現してみたかったのです。
メーカーの作例さえピントが曖昧だったので、
凄く楽しみにしていました。
やはり評判通りのチープなユルさ!大満足!!!
レンズベビーの流れるピントとこのチープなユルさをどう組み合わせて、
どう表現していくか。。これからが楽しみです。


松任谷由実「埠頭を渡る風」
オシャレな演出とエンターテーメント溢れるステージ装置
ユーミンのライブ見てみたいです。



レンズベビー プラスティックレンズ

[PR]
by kanekuro | 2014-03-11 00:40 | ネイチャー

Mount Fuji

b0056790_10174901.jpg
「上からマリコ」的な
「上から富士山」

世界を見下ろすのは私には無理。。


静岡市に3年くらい住んでいました。
その時、
富士山の五合目までしか行きませんでした。
一度は頂まで登りに行きたいな。
カメラをリュックに忍ばせて。

そんな夢があったりします。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

[PR]
by kanekuro | 2014-03-09 10:25 | ネイチャー