glaf blog

STEPビル(ステップビル)

b0056790_734923.jpg


b0056790_7343666.jpg


b0056790_735111.jpg


b0056790_7351359.jpg


b0056790_7352383.jpg



高松の好きだった建物のひとつSTEPビルが解体され、
新しく建て替えられました。
以前のSTEPビルは1980年竣工の世界的な建築家・安藤忠雄の設計で、
建て替え後も手がけてられています。
以前の建物はコンクリートの打ち放しで階段の存在感の強さが特徴でした。
その無機質な設計が好きでした。
建て替え後のビルは、無印良品の店舗として再生されましたが、
商業テナントビルとしては機能的になんら問題は無いのですが、
建て替え前のSTEPビルの迫力やスタイリッシュさは陰を薄めていると言えます。
コンクリート建築が26年で解体されるのはもったいないのではないかと思いますが、
いろんな背景があるのでしょうね。

新しい店舗で小さな電気ポットを買いました。
無印良品らしく、シンプルな白のポットで寒くなった時のお茶を入れる際に、
お湯を沸かす道具として気に入って使っています。
[PR]
by kanekuro | 2006-10-28 07:46 | 有名建築