glaf blog

寝椅子で寝ながら

b0056790_784415.jpg



b0056790_791770.jpg



体温を測ると38.8度あった時、薬が早く効いて熱が下がらないかと思いながら、
自宅の仕事場で寝椅子で寝ながら撮影した写真です(汗)
寝椅子といってもキャンプで使っているColeman(コールマン)のイージーリフトチェアを
仕事場に持ちだして休憩の際座っているだけなのですが。
b0056790_7544787.jpg

体重を背中にかけると背もたれがグッと倒れ、フットレストが上がりロックされます。
また、起きる体制に入ると背もたれが置き、フットレストが下がる優れものです。

でも、
本当はニューヨーク近代美術館永久コレクションとしても評価されている、
徳島在住のイスデザイナー・新居 猛のニーチェアX + オットマンが欲しいのです!
b0056790_755599.jpg

シンプルモダンな仕事場の空間にキャンプ用のイスは美しくありません。。
ニーチェアXもキャンプ用に見えなくも無いですが、生地や木部の選択ができ、
生地はナチュラル・レンガ(赤)に木部はセピター(こげ茶)のものが合いそう。
この配色の組み合わせは「婦人画報」で見た時から渋いと思っていました。
「婦人画報」は時々建築の特集もあって、参考になることが多い雑誌です。
若い人の心をつかむのにニルバーナを聞いたり、
いろんな女性雑誌を読むのはプレゼンや提案に深みがでるのではないかと思います。

さて、今日の写真の一枚目は寝椅子に寝そべった際に見える景色や空と、
打ち合わせテーブルの照明を補助したり、寝椅子での読書用のスタンドの照明器具です。
小物の撮影の際にフラッシュを補助して角度をつけて光を当てたりする時にも使っています。
2枚目は本棚を照らすのに数台採用したダウンライトで、
照明器具本体にアクリルのウチワのようなものがついてて、
光の角度を変えれるようになっています。

さすがに病院の薬は良く効きあまり熱はおさまってきていますが、
ノドが腫れてて話しにくい状態です。
人に気持ちを伝えるのが仕事なので、結構つらいかも。。
それにしても久しぶりに病院に行くと医療負担が3割になってますね。
民間であれば倒産の状態の国家や地方自治体の体制ですから、
これからもどんどん上がるのかな。
政治家の方々を見ていても官僚や公務員の方などを言って聞かせるのは、
難しい体質なのでしょうね。
次年度も予算を獲得するために、今年の予算を使い切るって考え方は、
民間ではありえません。
シンプルに無駄を省いて、財源になるモノに予算管理を厳しく投資をするだけなのですが。。

撮影 : OLYMPUS E-1 + PENTAX FAソフト28mmF2.8
[PR]
by kanekuro | 2006-07-28 07:50 | インテリア