glaf blog

お仕事カメラ

b0056790_7222051.jpg
b0056790_7223440.jpg



建築現場で激しく使っているカメラがこの「Ricoh Caplio 400G wide」です。
建築現場に特化したカメラ。

28-85mmのレンズで狭いシーンは広角で、
足元が悪い時は望遠でと使いやすい画角。
私は更にオプションのワイドコンバージョンレンズ DW-4を装着して、
22mm相当の広角から使っています。

また、使用頻度の高い部品を撮影する時は1cmまでよれるマクロ、
水深1mの水中撮影も可能な防水・防塵仕様、
屋外の撮影でも液晶の見やすい液晶フード、
床下や配管の撮影等の暗い時に役立つパワフルなフラッシュ、
書類や図面を撮影す時に便利なシーンモード、
首からぶら下げてメモしながら使える2点式ネックストラップ

またリコーのGX、GX8、さらに私の所有するCONTAX Tvs DIGITALと
バッテリーとメモリーが共有できるのが嬉しい。
ホワイトバランスやAF精度や価格などの不満点はありますが、
22mm相当の広角+タフさを考えるとこの機種しかありません。

天候に左右されること無く、解体現場や床下や屋根裏などの埃まみれでも、
土木現場の泥まみれでも、排水配管の濡れやすいところでも、
バンバン使っています。
女性ユーザーはいないのではと思わせる荒々しいカメラです(笑)

撮影 : OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
[PR]
by kanekuro | 2005-08-09 07:52 | カメラ