glaf blog

take off

b0056790_723444.jpg


b0056790_73267.jpg


b0056790_735543.jpg


b0056790_742423.jpg


b0056790_8114046.jpg


b0056790_812870.jpg


b0056790_755562.jpg


b0056790_762010.jpg


イメージセンサークリーニングに出していたGX7が
ようやく修理から返ってきました。
二週間かかっちゃいました。
恐るべし地方。。

修理に出している間にGX7について調べていたら、
「EXテレコン」という機能がありました。
レンズの焦点距離を二倍にでき、
画質やレンズの明るさを保つたままという
素晴らしい機能です!!!
ただし撮影サイズはSサイズになります。
印刷はA4までが推奨となりますが、
私には十分です。

私の持っている望遠レンズは最大150mmです。
35mm換算で300mmとなり、
EXテレコンを使うと600mmとなりかなり望遠です。
これは楽しみ!

私の持っている望遠ズームでしたら、
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
となりますが、
GX7との組み合わせでは600mmまで撮れて
レンズの重さは200gをきっています。
フルサイズの一眼レフの標準ズームレンズの1/3くらいの軽さです。
フルサイズの一眼レフで600mmを撮影しようと思ったら、
レンズが3600gを超えていました。
大砲みたいな巨大な白いレンズです。
マイクロフォーサーズのレンズの約18倍の重さ。

フルサイズの一眼レフで大きな望遠レンズを使った方が
断然画質は圧倒的にいいのだと思います。
だからこのEXテレコンの写真をポスターサイズに
印刷したら荒いんだと思います。

普段、iPadで写真を楽しんで、
時々パソコンのモニターで写真を見て、
印刷はポストカードサイズが多く、
大きく印刷してもA4サイズという私には
EXテレコンは十分な画質です。

以前からある技術のデジタルズームの
中央を単純にトリミングしたモノに比べて
大分進化したなと技術力に感心しました。
大きな画像で最高画質で撮り
それをトリミングで拡大して切り取るより、
EXテレコンで最初から撮影した方が明らかに綺麗です。
恐ろしき技術進化!

私には珍しく一枚目以外の写真は
文字を入れた以外は写真を加工していません。
ブログのアップすると写真が劣化しますが、
アップする前の写真は私には十分な満足できています。

マイクロフォーサーズの強みのひとつは
望遠レンズのコンパクトさにあるように思いました。
登山なんかで複数のレンズを持っていっても
装備が軽いのがマイクロフォーサーズの良さかも。

どうせなら300mmのレンズが欲しくなつちゃいました。。
35mm換算で600mmとなり、
EXテレコンを使うと1200mmって。。
どんだけ望遠。。
手持ちで撮影できるレンズの重さなのですが
激しく手ブレしそう。
三脚がいるんでしょうね。


今日の写真は全て手持ちで撮影しました。
時間の関係で飛行機が飛び立つ撮影は一発勝負の
緊張感ある撮影でしたが、
飛び立つ前に近づいてきた小鳥の写真を
オマケにアップします。
b0056790_7325430.jpg


マイクロフォーサーズの望遠の世界も面白いです♪


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
[PR]
by kanekuro | 2014-03-13 07:33 | ストリート